ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【質問箱】疲れて動けなくなることがあり、最近それが内向型の性格からくるものかな?と感じはじめました。しかし、その疲れを早めに気づけない時があります。どうしたらいいでしょうか?

f:id:hinatamemo:20190629130225j:plain

質問箱よりいただいたご質問

疲れて動けなくなることがあり、最近それが内向型の性格からくるものかな?と感じはじめました。

しかし、その疲れを早めに気づけない時があります。

どうしたらいいでしょうか?

お答え

内向型は我慢が当たり前になっているところがあるんですよね。

 

我慢することに慣れすぎて

我慢していることすら気づかない状態に。

 

だから、疲れていることに気づけない、

なんてことはよくあることかな、と思います。

 

そのため、疲れる前から休むことをオススメします。

疲れる前から休むこと

ちょっと別の視点から。

 

短い仮眠をとるパワーナップというものがあります。

 

まぁ、お昼寝ですね。

 

これは

「眠くなったから寝る」

というものではなくて、

 

「これからもっと疲れるだろうから

その前に一旦休んでおこう」

という意味合いがあったりします。

 

疲れる前に先に休んでおくのです。

 

 

これと同じ発想で

内向型の人も

「疲れる前に休む」

ということを行うと良いです。

 

毎日適度に休憩を入れながら仕事をしている内向型の人は

あまりエネルギーが枯渇しないので

外向型にも見られたりもするんですよね。

 

活発に行動できているから。

 

ですが、適度に休んでいるから

エネルギーが枯渇せずに活発に動けるだけで

実際は内向型ってこともよくあります。

 

 

このように疲れる前から適度に休憩しておくと

エネルギーが枯渇しないどころか

エネルギーを保ったまま活動できるので

良いパフォーマンスを出せたりします。

 

また、エネルギーが枯渇してからだと

それこそ何もやる気が出ず、

考え方までネガティブになってしまうので

(「こんなに休んで良いのだろうか…」みたいな)

回復速度も遅くなってしまいがちです。

 

だから、できれば疲れたと認識する前に

適宜休憩を入れることが理想です。

疲れたことに気づきたい場合

とはいっても

「休憩をとりたくてもなかなか休憩できない」

ということはよくあると思うんですよ。

 

会社に属している場合、

何度も一人になる場所にいって休憩していたら

何か言われてしまうのが日本ですからね。

 

そういう陰口などは気にせずに休憩できれば良いのですが、

内向型の方はなかなか難しいと思います(´▽`;)ゞ

 

 

ただ、さすがに疲れが見えてきたら

休憩した方が良いと思うんですよね。

 

では、その疲れをどこで判断するか?

ということなんですが…

感情的になってきているときは休むサイン

「感情的になってきているなぁ」

と感じたときが休むサインです。

 

それは、考え方がネガティブになっているとも言えます。

 

人は元々ネガティブなので、

ネガティブに考える方が楽なんですよね。

 

ネガティブな感情はポジティブな感情より

7倍も感染力が高いと言われている理由は

人の元々のネガティブな気質にあると言えます。

 

だから、疲れてくると

自然と考え方がネガティブになり、

イライラしたり、悲しくなったりといった

感情的になりやすくなります。

 

なので、感情的になったり

ネガティブな考え方になったときは

休むサインです。

 

 

 

悩んでいる時も

ネガティブな考え方になっているときです。

 

悩んでいる時とは

同じ考えをグルグルと巡らせている時。

 

仕事をしている時とかもこうやって悩んでいるときは

「疲れてきているみたいだから、一度リフレッシュしよう!」

と少し休んでみたり。

 

最初はなかなか気づかないかもしれませんが、

「今の自分の状態は?」

と自分自身に問いかけてみる癖をつけてみると良いですよ。

 

その癖をつけると

「今悩んでいるな」

「今ネガティブになっているな」

「今ちょっと感情的になっているな」

と客観的にわかってくるので。

 

ε=( ̄。 ̄;)フゥ

と溜息をついた時なんかも

「お?休んだ方がいいかな?」

なんて思う時。

 

そうやって、合間合間に今の自分の状態を確認してみてください。

 

最初はなかなか気づかなくても

慣れてくればエネルギーが危ない領域まで下がる前に気づいて

対処ができるようになるはずですから。

まとめ

以上、質問の回答としては

  • 疲れる前に適宜休憩すること
  • ネガティブな考え方や感情的になってきたら休みたいというサイン

とお答えさせていただきます。

 

少しでも参考になりましたら幸いです。

 

それでは、ありがとうございました!

 

peing.net

 

ひなた(https://twitter.com/hinata_tweet