ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【習慣】楽しみながら習慣化させる30日チャレンジ

f:id:hinatamemo:20190523115353j:plain

ひなた(@hinata_tweet)です。

 

習慣は21日(3週間)で身につくと言われていますが、「何を習慣にするか?」で身につく度合いは変わってくるもの。

 

でも、習慣を変えるために挑戦してみるのは良いことだよね、30日間チャレンジしても習慣化しないことがあるけど、それがやりたいことであれば無駄ではないよ、というお話です。

 

マット・カッツの30日間チャレンジ(3分19秒)

なぜ30日チャレンジなのか?

30日間というのは、

  • 新しい習慣を身につける
  • 習慣にしていることをやめる

ことにちょうどよい長さだから。

 

21日間ではなく、30日間なのは一ヶ月と考えれば、終わりもわかりやすく、

「月が変わるまでは頑張ろう」と頑張る気力が出てきたり、

「次の月は何をしようかな」なんて楽しみながらできるという意味合いもあるのではないかと。

 

毎月新たな習慣を作ったり、習慣にしていることをやめれば、1年で12個の習慣が変わります。

 

つまり、1年後には「まるで別人」のようになると言えるでしょう

 

たかが30日チャレンジ、されど30日チャレンジ。

 

あなどれません。

30日チャレンジから学べること

記憶に残る

ただ生きているだけだと毎日同じような日々が続いて、

「もう気がついたらこんなに月日が経ってしまったのか…」

なんて思ってしまいがちです。

 

ですが、

  • 2019年5月は毎日運動
  • 2019年6月は毎日ブログを書く
  • 2019年7月は起きる時間を決める
  • 2019年8月はテレビを観るのをやめる

などと毎月チャレンジしていれば、

運動しているときに「2019年5月のやり始めてすぐに筋肉がついて面白かったなぁ」

ブログを書いているときに「最初は四苦八苦しながら書いていたなぁ」

なんて思い出せたりします。

 

それは良い思い出の一つとなり、色んな人と語り合えるネタとなることでしょう。

自分に対する自信がつく

まずは30日チャレンジをやり遂げたことによる自信がつきます。

 

さらに30日チャレンジで今まで挑戦してこなかったことに挑戦した場合は、自分を「全くの別人」のように思うことでしょう。

 

動画の中では、

「出不精なコンピュータオタクが楽しみのために会社に自転車で行くようになり、アフリカの最高峰であるキリマンジャロに登りさえした」

なんて言っています。

 

今まで冒険するようなタイプではなかったのに、30日間チャレンジをすることで冒険するようになったようなのです。

 

30日チャレンジを続けていくうちに自信ができていき、

「もしかしたら冒険しても大丈夫かもしれない!」

と思ったからこそなんでしょうね。

 

30日チャレンジは自分自身を大きく変えてくれる可能性を持つものなのです。

本気でやりたいと思うなら30日間で何だってできる

動画の例が面白かったですね。

 

30日間で5万文字の小説を書こうと思ったら?

 

毎日1,667文字 を30日書けば良いです。

 

そのために

「その日のノルマを書くまでは寝ない」

と決めます。

 

睡眠不足になるかもしれないけど、小説は書き上げられる、と。

 

ただし、たったの一ヶ月で書ききった小説なのだから、それは当然ひどいもの。

 

でも、書き上げたことは自信になるし、きちんと書き上げたことで

「私は小説家です」

と言えるのです。

 

こういう発想ができることって楽しいと思うんですよ。 

小さな持続可能な変化は身につく

大きなことを成し遂げるために、大きなことにチャレンジしようとすることもよくあります。

 

ですが、いきなり大きなことにチャレンジしても身につかないことが多いです。

 

さきほど、小説の例を挙げましたが、文字を書く習慣がなければ、1万字から始めても良いでしょうし、まずはTwitterで書き込むことから始めても良いでしょう。

 

 

大きいことにチャレンジすることはワクワクして楽しいですが、その分大変なため継続できずにやめてしまう…。

 

それは非常にもったいないことです。

 

 

この動画の中でマット・カッツさんは、30日間砂糖を断ったとき、31日目は犯しを大量購入してしまったと言っていました。

 

冗談を入れているだけかもしれないですが、この場合マット・カッツさんにとって砂糖を断つことは大きなチャレンジだったと言えます。

 

チャレンジに失敗しても、こうしてネタにすることができるので、無駄だったなんてことはもちろんありません。

 

きちんと30日間続けてさえいれば! 

 

ですが、小さいことからコツコツと続けていった方が長期的に良い結果が出る、なんてことも。

今日から30日チャレンジを始めてみる

今は2019年5月23日です。

 

「今日から30日チャレンジって日にち的に微妙だから6月になってからやろう!」

なんて思ってしまいがちです。

 

ですが、それは大抵6月になってもやりません。

 

だから、やろうと思ったら今日からやってみるのが一番です。

 

今月はあと一週間くらいしかありません。

 

なら、6月分と一緒にくっつけてやっちゃえばいいのです。

 

何も1日から始める必要なんてありませんから。

 

逆に5月3日とかに「やろう!」と思ったのであれば、そこから5月いっぱいチャレンジしてみるのも良いですしね。

 

まずはやろうと思った今日から始めてみるのが一番です!

 

僕自身の30日チャレンジ

こんなことを書いていますが、僕自身はどうなの?って話です。

 

正直な話、今は30日チャレンジをやっていませんでした、はい。

 

数年前にこの動画を観て、

「やってみよう!」

と続けていた時期はあったんですが、大きなチャレンジを掲げてしまってうまく習慣化できず、そこでやめてしまいましたね。

 

大きなことにチャレンジするのは悪いことではないですが、それにより自信をなくして止めてしまう可能性があります。

 

それではもったいないので、小さいことからコツコツと習慣化していった方が、長期的に見ると良い結果が出るのではないかと。

 

もちろん、大きなチャレンジを成功させることができたら素晴らしいことですが。

 

 

僕も久々にこの動画を観たので、久しぶりに30日チャレンジを続けていこうかと思います。

 

毎月1個の変化があるって素晴らしいことなので。

 

昨日からTEDの動画を記事にしているので、このTEDの動画の記事を書いていくことを6月いっぱいまでの目標にしようかなと思います。

 

TEDの動画は面白いだけでなく、良い学びになるから良いですね。

 

もしあなたも30日チャレンジに挑戦するのでしたら、何にチャレンジするのか教えていただけませんか?

 

毎月1個自分を変える活動をしたら、1年後には大きく変わっているはずなので、それを楽しみに色んなことに挑戦しちゃいましょう!

 

それでは、ありがとうございました!