ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【習慣】「内発的動機づけ」が行動が強化し習慣化を促してくれる

f:id:hinatamemo:20190527205356j:plain

ひなた(@hinata_tweet)です。

 

これまで「オペラント条件づけ」による良い習慣の身につけ方と悪い習慣の断ち切り方について書いてきました。

「オペラント条件づけ」の発動プロセスは以下のとおりです。

「オペラント条件づけ」の発動プロセス

トリガー(きっかけ)→行動→報酬

 

トリガー(きっかけ)関しては以下の記事になります。


以下の記事ではオペラント条件づけの中でも「正の強化」と「負の強化」について書きました。

 

「報酬」に当たる部分を用いて、良い習慣を身につけていこう、というものです。

その際に、

だから、何か習慣を身につけたいと思った場合は、

「手に入れたい」よりも「抜け出したい」「避けたい」

という理由で考えてみてはいかがでしょうか?

なんてことを書いています。

 

「正の強化」よりも「負の強化」 で考えた習慣化です。

 

人のマイナスエネルギーって思いの外強いので、それを活用しちゃおうよ!ってことです。

 

 

ですが、もちろん「正の強化」も大事です。

 

「正の強化」に関しては、

「正の強化」で良い習慣を身につけるためには

ゴールへの意欲を高め、それに向かって行動を増やすこと

これに尽きるのです。

なんて書いています。

 

「正の強化」の報酬というのは「快」の気分になれることです。

 

ゴールに向かって進むこと、それは

「健康的な生活を手に入れるために」

「筋肉質な体を手に入れるために」

「自立するために」

など、自分が「快」の気分になれる自分像をイメージしてそれを目指して長期的な目線で行動していこう、というものでした。

 

 

ただ、「快の気分」のための報酬というのは、短期的な目線になるものがあります。

 

「この作業が終わったらアニメを観よう!」とか、

「このダイエットのための運動をしたらアイスを食べよう!」とか。

 

そういう報酬も「快の気分」になるための報酬であり、これも一定の効果が期待されます。

 

ですが、このような報酬というのは、あくまで一時的な効果しかなく、長く続きません。

 

だから、長期的な目線を取り入れて習慣化させていった方が良いと僕は思っています。

 

その内容説明のため、今回は「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」という内容を書いていくことにしました。

 

まぁ、「外発的動機づけ」よりも「内発的動機づけ」の方が良いよね、ってお話です、はい。

 

「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」

前置きが長くなりましたが、これからが本題です。

 

「動機づけ」というのはモチベーションのことです。

動機づけ(モチベーション)

目標のためにする行動を持続させるもの

「モチベーションを高めるためにどうしたら良いか?」

と考えたときに、

この「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」という考え方が出てくるわけです。

 

簡単に書くと、

外部的動機づけ:外部からの要因によって行動を起こす 

内部的動機づけ:内部からの要因によって行動を起こす

というものです。

 

では、ここから「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」について見ていきます。

「外発的動機づけ」とは?

「外発的動機づけ」は

「外部からの要因によって行動を起こす」もの。

 

さらに詳しく言うと、

外発的動機づけ

強制や評価、罰や報酬などが外部からの要因によって行動を起こすもの

となります。

強制

上司に強制的に仕事を押し付けられたら、やる気にかかわらず、やらざるを得なかったりしますよね?

 

もちろん断ることもできるわけですが、上司という存在であればなかなか断ることができず、文句を言いつつも強制された仕事をこなすことになるでしょう。

 

だから、「強制」には行動を促す力があります。

 

ただ、強制されたことによる反発で行動力が下がることももちろんあります。

評価

「この仕事はこれからの評価にかかわるから気を引き締めてやりなさい!」

なんて言われると、評価を下げたくないからやる気になりますよね?

 

ただ、評価に興味がない人にとっては特に意味のないことなのですが。

 

逆に

「めんどくさいな~」

と思って、行動力が下がるなんてことも。

 

評価に対する感じ方は人それぞれ。

仕事の出来が悪いと給料カットとか、最悪クビになるなどといった罰があったら、行動をせざるをえませんよね?

 

もしかしたら

「こんな会社にいられるか!」

なんて思ってそちらの行動力が上がるかもしれませんが。

報酬

「今日は早く終わったらみんなで飲みにいくぞ~!俺のおごりだ!」

なんて言われたら、それで仕事を頑張る人もいます。

 

逆に

「飲み会なんて嫌だ…」

と行動力が低下してしまう場合もあります。

「内発的動機づけ」とは?

「内部的動機づけ」は

「内部からの要因によって行動を起こす」もの。

 

さらに詳しく言うと、

内発的動機づけ

自発的、貢献感、他者との関係性からくる満足感といった内面的なものによって行動を起こすもの

となります。

自発的

誰かから決められたことではなく、自ら決めたことだからこそ行動することが楽しくなり、持続させることができます。

 

自ら決めたからこそ、目標を達成した時の満足感もまた大きいものとなるからこそ、行動していても楽しいものです。

貢献感

自分が行っていることに対して、

「自分は役に立っている!」

と感じることです。

 

アドラー心理学でも、これにより幸福度が上がると言われています。

 

さらにもっと人の役に立てるようにと、さらなるステップアップをする行動に出ることも期待できます。

他者との関係性

「あの人と一緒にやりたい!」という気持ちは、行動を促進させます。

 

自発的とも絡んでくるところですね。

 

「あの人となら自発的に行動できる」

「他者と一緒に活動することで楽しく活動できる」

などと、人と関わることにより満足感を味わえ、行動が促進されます。

 

これらが「内発的動機づけ」となります。

外発的動機づけのメリットとデメリット

外発的動機づけのメリット

  • 内発的動機づけがない場合でも強い動機づけを与えられる
  • 汎用性が高く、多くの人に動機を与えられる
  • すぐに効果があらわれる
  • 外発的動機づけで行動することにより、内発的動機づけが芽生えることがある

外発的動機づけのデメリット

  • 外的要因のため「やらされている感」があり、持続性はほぼない
  • 言われたことだけを行うなど、自発的な行動が起こりづらい
  • 外発的動機づけには慣れがあり、回数を重ねるとより強い動機づけが必要になってくる
  • 内発的動機付けによって動いている場合、逆に外発的動機付けによって内発的動機づけが押さえつけられてしまうことがある

内発的動機づけのメリットとデメリット

内発的動機づけのメリット

  • 自発的な行動ができるため、外的要因に関係なく行動を持続させられる
  • 自ら自分を高めていこうとしていける
  • 貢献感を感じることでさらに内発的動機づけが強まる
  • つらい作業でも乗り越える楽しみを得ることができる 

内発的動機づけのデメリット

  • 興味や関心がないと内発的動機づけをするのは難しい
  • 内的要因のため「こうしたらいいよ」という一般的なやり方がなく、実践するのは難しい
  • 外発的動機づけとは違い、その場で意欲を高められるものではない

外発的動機づけに頼るのは危険かも?

外発的動機づけのデメリットについて少し見ていきます。

 

外発的動機づけのデメリットに以下の2つがありました。

 

 「回数を重ねるとより強い動機づけが必要になってくる」

「内発的動機付けによって動いている場合、逆に外発的動機付けによって内発的動機づけが押さえつけられてしまうことがある」

つまり、自分自身に

「この作業が終わったらアイスを食べてもいいよ!」

という報酬を与えた頑張れたとしても、何度も行ううちにその報酬では行動できなくなってしまうということです。

 

そして、それは内発的動機づけさえも蝕んでいきます。

 

内発的動機づけで頑張ろうとしていたのに、ちょっと疲れて自分に報酬を与えることで行動をしていたら、いつの間にか「報酬のために行動していた」なんてことになりかねないのです。

 

今までは自発的に自分自身がやりたいと思っていたことに力を注いでいたはずなのに、報酬のために行動していた…。

 

「報酬で行動を促す」ことが目的だったはずが、

「報酬のために行動をする」と手段が目的に変わってしまう可能性まであるのです。

 

だから、個人的には外発的動機づけというのは、そこまで行いたくないなぁ、と思っています。

 

 

僕も

「この作業が終わったらアニメを観よう!」

なんてやることもありますが、それはあくまで作業中に考えたときだけにしてスケジュールとしては考えないようにしています。

 

スケジュールの中に

「この作業の後はアニメを観よう!これは報酬だ!」

なんて考えると、アニメを観るために作業をすることになってしまいますからね。

 

本来であれば、目標に向かって作業をしているはずなのに。

 

しかも、アニメを観るために作業をするといった手段が目的に変わってしまうと、

「アニメを早く観たいから、手を抜いてもいいや~」

なんて考えてしまいがちです。

 

そうなると、本末転倒ですよね?

 

だから、僕は外発的動機づけ自体を習慣化させないように自分自身にあまり報酬を出しません。

 

 

というよりも、

「作業と報酬をあまり結び付けない」

といった方が正しいですね。

 

アニメやマンガをよく観ますし、

「それは報酬ではないの?」と聞かれたら

「確かに報酬かも?」

となるので。

 

ですが、

「この作業が終わったら報酬としてアニメを観よう!」

ではなくて、

「アニメやマンガはただ自発的にやりたいことなだけ。作業とは別物」

と考えておけば、作業と報酬を分離できて、外発的動機づけ自体は習慣化しないかなと。

 

外発的動機づけを習慣化させると危険では?と思ったので、書いてみました。

内発的動機づけってどうやったらできるの?

「内発的動機づけが大事なのはわかったけど、どうやったらできるの?」

と考えてしまうかもしれません。

 

ですが、内発的動機づけのデメリットにあるように

興味や関心がないと内発的動機づけをするのは難しいのです。

 

内発的動機づけが機能するのは、

「自発的に行動するから」

です。

 

自発的に行動するためには、そのことに興味や関心を持ち、

自発的な行動自体を楽しむ、もしくは自発的な行動をした後のことを考えワクワクする

ということが必要になります。

 

自発的に行動した後のことを考えワクワクするためには、「ゴール」をきちんと決めるべきです。

 

「あの服を着られるようになるためにダイエットをしよう」

「みんなの悩みを解決できるように日々学んでいこう」

「人に恐怖を抱かないために筋肉をつけて大きい体作りをしよう」

などなど。

 

具体的になりたい自分をイメージできるものであればあるほど、自発的に行動ができるようになり、内発的動機づけも高まっていくことでしょう。

 

だから、

「正の強化」で良い習慣を身につけるためには

ゴールへの意欲を高め、それに向かって行動を増やすこと

これに尽きるのです。

なんてことを書いています。

 

ですが、その始まりは「興味や関心を持つこと」です。

 

なので、色んなことに興味や関心を持ってみるのも良いと思うのです。

 

すでにゴールが明確であればゴールへの意欲をもっと高めて内発的動機づけをもっと強固なものにしていけば良いですが、まだゴールが明確になっていない場合は、

「自分は何に興味や関心を持っているだろう?」

「どのことにだったら興味や関心を持てるだろう?」

と探してみると良いと思います。

 

そこから興味や関心を抱いたものに対して、ゴールを明確にしていけばよいのですから。

 

僕は僕で色んなことに関心がありすぎたために、色んなことに手を出してしまってうまくいかなかったこともありましたが、

「やりたかったものの共通点をつなぎ合わせると、結局僕は人という存在に興味があるんだなぁ」

ということがわかりました。

 

なので、もう迷うことなく行動できています。

 

以上、「内発的動機づけ」を行うためには

  • 明確なゴールがない場合:色んなことに興味や関心を持つ
  • ゴールはあるけれど行動に移せない場合:具体的にイメージできるようにし、ゴールへの意欲を高める
  • 色んなことに興味・関心がありすぎる場合:共通点をつなぎ合わせて一つのゴールを導き出す

となるかなと思います。

まとめ

簡単にまとめる予定だったのですが、思いの外長くなってしまいました。

 

前回までの話からして長かったのですが(´▽`;)ゞ

 

これだけ書いて結局は

「外発的動機づけではなく、内発的動機づけを強化していこうね」

という結論でまとめちゃいます。

 

 

ちなみに「オペラント条件づけ」の報酬の部分が「内発的動機づけ」にできると良いよね、って思っています。

 

「内発的動機づけ」であれば、

  • 自発的
  • 貢献感
  • 他者との関係性

自体が報酬になりますから。

 

しかも、これらは短期的なものではなく、長期的に機能してくれる優秀なものです。

 

「内発的動機づけ」はこれからも強化していきたいものですね。

 

こういう記事を書いていると僕自身も楽しいので嬉しいものです(*ノ∀`*)

 

以上、「内発的動機づけ」で行動し、その行動を習慣化させちゃいましょう!という「オペラント条件付け」の補足の記事でした。

 

それでは、ありがとうございました!