ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【質問箱】内向型などの研究に興味を持ったきっかけはなんですか?

f:id:hinatamemo:20190626102009j:plain

質問箱よりいただいたご質問

内向型などの研究に興味を持ったきっかけはなんですか?

お答え

内向型の研究を始めたきっかけは

「僕自身が内向型だし、

内向型で僕みたいに悩んでいた人も多い。

だとしたら、僕の知識でその悩みを軽減させられないだろうか?」

と思ったからです。

 

「内向型を掘り下げることで

人についてもっと深く知れるはず」

と思ったのもあります。

 

「人」について知りたかったので。

 

ただ元々は

「恋愛」に興味があり、

それらが派生してきていますね(´▽`;)ゞ

 

きっかけとしては以上のようなことがあり、

ここからはそれまでの流れを

余談も交えながら書いていきます。

人の恋愛に興味あり

幼稚園の頃から

「人の恋愛」

に興味がありました。

 

なので、そこから

「この人はあの人のことが好きなのかな?」

なんて人間観察をして考えたり、

恋愛相談を受けていたら

 

「人によって興味を持つところが違う」

「人によって感じていることが違う」

なんてことがわかってきたので

「人」自体に興味を持ちました。

人間観察とシミュレーションの日々

それからはずっと

人間観察とシミュレーションばかりでしたね。

 

活字が苦手だったので

本を読むという発想はなかったです。

書籍で知識として取り入れる

ですが、最初の会社に疲れ切ってしまい、

会社をやめることになってから、

「自分はなぜこんなにダメなのだろうか?」

と考えるようになり、

そこから心理学の本とか人に関する本などを

読むようになりました。

 

それまでは人間観察とシミュレーションだけでしたが、

会社をやめることになって

ようやく知識として取り入れるようになったんです(´▽`;)ゞ

 

 

読んでみると、

「あ、これ自分が思っていたことだ」

なんてことがたくさんあって、

それらが研究として証明されていることを知り、

学ぶのが面白くなっていきましたね。

経験しないと信用できない要領の悪さ

ただ、僕の場合、

「自分が経験していないことは情報として信用しない」

というめんどくさいところがあります。

 

なので、自分の経験や他の人に当てはめて、

「うん、確かにそうだな」

という確信を持たないと情報として認識しません。

 

そうやって経験とか他の人に当てはめて考えないと

頭からすぐに抜け落ちてしまうんですよね(´▽`;)ゞ

 

「これは効果ありそうだな」

と思えば実際に試してみます。

 

人が効果があるからといって

自分に効果があるとは限らないので。

経験したがる例1

数年前に

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」

という書籍の中に書かれている

「完全無欠コーヒー」

が流行り、

 

「集中力が上がるよ!」

との話だったので試してみたんですが…

 

肌は荒れるは、

集中力は出ないわで、

良いことなしでした。

 

こうやって自分に合うかどうかは

試してみないとわからないと思っているので、

人から言われた話も素直に受け取ることができません。

経験したがる例2

最近も

「しょうが紅茶を飲みたい!」

と思って調べたら

「ダージリンよりもアールグレイの方が合う」

って書かれていることが多く、

 

「ふむふむ、なるほど。

では、本当にアールグレイの方が合うのか試してみよう!」

なんてことをしています。

 

自分で体験しないとわからないので

要領が悪いんですよ。

「やめた方がいい」と言われてもやってしまう性分

他の人は

「これはやめた方がいいよ!」

と言われれば

素直にそれを受け止め

やらないところを見ていますが、

 

僕の場合

「え?本当に?」

と思ってそれを試します。

 

そして

「あ、本当にやってはダメなのね」

と理解してようやくやめます。

 

糖質制限とかヴィーガン生活とか

色々とやってみましたね(´▽`;)ゞ

 

たまに

「え?これむしろ効果あるじゃん!」

なんてこともあるから面白いものです。

自分で経験することは悪いこと?

この

「すでに検証済みなことでもやってしまう」

ということに劣等感を抱いていました。

 

要領が悪いと思ってしまいますからね。

 


ただ、自分自身で経験したことは

その経験した事自体を例として提示できるし、

自信を持って話すことができます。

 

「え?それは違うんじゃない?」

と言われても、

「これは僕が実際にやった結果なので」

と言えるので。

 

こういう受け答えは

実際に経験していないとできないと思うので、

実際に経験することは深みを出すためにも

悪いことではないな、と今は思っています。

 


前に進むのは遅くなるけれども、

「これが僕のやり方」

と受け入れることができました。

 

「クリティカルシンキングだと思えばいいよね」

というのもありましたし。

 

ただ、これは

「内向型」という点でも見れるかな、

なんて今は思っています。

外向型と内向型を知ること

外向型は広く浅く、

内向型は狭く深く、

なんてよく言われています。

 

僕が要領が悪いと思われようと

実際に試してみる理由は

「深さを出すため」

と考えれば納得できます。

 


人との関わり方の違いとか

考え方の違いとか

我慢しがちなところとか

 

そういう僕自身が悩んでいたことのほとんどが

「内向型」という言葉で説明できます。

 

そのため、

今は「内向型」の研究を進めています。

本当に行いたいのは「人の研究」

ですが、僕が本当に深く研究していきたいのは

「人」に関しての研究なので、

内向型についての研究をしながら

他のことにも目を向けていきます。

 

性格分析とか歴史とか占いとか

色んな角度から

「人」について研究していきたいと思っています。

 

その中に共通点が見えてくるはずなので

理解がさらに深まるはずなんですよね。

一般論ではなく、個々に合った対策を提案したい

最初に僕は

「人の恋愛に興味があった」

という話をしましたが、

そのため小さい頃から恋愛相談をずっと受けてきました。

 

その時からずっと意識していることが

「一般論ではなく、

相談者と想い人に合わせた対策を」

ということなんですよね。


ただ、他者だけでなく、

自分のことすら完全に知ることができないのが現実です。

 

ですが、それでも

自分や他者のことを少しでも知りたいし、

相談された場合、

できる限り的確なものを返答したいと思っています。

 

相談してくれる人が少しでも気が楽になり、

求めている結果を手に入れるためにも…。

 

この考え方は

恋愛相談を行っていた幼稚園の時から

変わっていませんね(´▽`;)ゞ

 

 

ただ、基本的には友人からしか個別相談は受けていません。

 

個別相談だと一からお互いのことを知るために色んな話をしつつ、

言葉にも気を遣ったりするので、

さすがに個別相談は無料ではできない、

というのがあるんですよね:;(∩´﹏`∩);:

 

「有料でもいいよ」

という希望者がいれば募集する形にします、はい。

 

状況次第では個別相談とまでいかなくても、

それに近い形で提供できないかな?

とか色々と考えていますが、

まぁ、それは後々の話ということで。

まとめ

とまぁ、つらつらと書いてしまいましたが、

「内向型」の研究を始めたきっかけは

「人についてさらに詳しく知れるし

内向型で説明できることが多いから」

であり、

 

その根本となるきっかけは

「幼稚園の時に恋愛に興味を持ったから」

ですね。

余談

ちなみに幼稚園のときに

恋愛に興味を持ったきっかけは

「なんかあの人に対してだけ態度が違う。

なんでだろう?」

と不思議に思ったからです。

 

それが

「その人のことが好きだったから」

と気づくまでにはそう時間はかかりませんでした。

 

年中の時?

それとも年長?

 

どちらかはわかりませんが、

その時にふと思った疑問が

今の僕を作っていますね。


質問内容を広げて書いちゃいましたが、

僕が内向型などの研究をしている理由は

以上のようなものでした。

 

それでは、ありがとうございました!

 

peing.net


ひなた(https://twitter.com/hinata_tweet