ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【内向型】考えてから行動する内向型のメリットとデメリットと意識しておくこと

f:id:hinatamemo:20190620185020j:plain

ひなた(@hinata_tweet)です。

 

慎重な内向型は行動する前に考えますが、

外向型は行動してから考えます。

 

外向型は

「いや、とりあえず行動してみないと何もわからないでしょ?」

と言いますが、

 

内向型は

「リスクを減らすためにもまずは考えないと!」

と言います。

 

対象的なため

よくぶつかりがちです(´ヮ`;)

 

 

ただ、書籍を読むと基本的に

「まずは行動!行動してから考えよう」

と書かれているため、

内向型は自分を主張できなかったり、

「自分はおかしい」と考えてしまいがち。

 

でも、

「考えてから行動するのはそんなに悪いの?」

と思ってしまうんですよね。

 

内向型は内向型らしく、

「考えてから行動する」

というやり方で良いのではないかと。

 

今回はそんなお話になります。

 

「考える前に行動する」が苦手な内向型

基本的に

「考える前に行動する」

ということが苦手な内向型。

 

なぜかというと、

「内向型はあまり多くの刺激を受けたくないから」

なんですよね。

 

 

外向型は刺激が好きで、

リスクにあえて飛び込んだりします。

 

ですが、内向型は刺激が苦手なので、

リスクをできる限り避けようとします。

 

だから、できるかぎり多くの刺激を受けないように、

そして、リスクを避けるために行動する前に考えます。

 

 

色々と調べて、じっくりと考えたあとなら

「これなら失敗する確率も低いはず」

とリスクを少なくでき、

行動することができるようになります。

 

内向型からするとリスクは強大な魔物なのです(´▽`;)ゞ

 

だから、リスクを極力減らすために

まずは考えて、そこから行動するのです。

 

内向型の人には

「考える前に行動する」

よりも

「考えてから行動する」

の方が向いている理由はここにあります。

考えてから行動することの利点

多くの書籍は

「まずは行動!行動してから考えよう」

と書かれているし、

「先に行動した方がすぐに結果が出るんじゃないの?」

と考えられがちですが、

あながちそうとも言えません。

 

「失敗してしまう場合はどんな場合か?」

「どうやったら効率的か?」

「誰に仕事を任せたら良いか?」

などと先に考えるため、

失敗の予測や効率的に進める手順を

きちんとシミュレーションすることができます。

 

そのため、失敗を回避したり、

無駄なことをする必要がなく、

まっすぐゴールに向かうことができます。

 

 

なので、考えるまでは長くても

行動してからが早いわけです。

 

刺激に弱い内向型からすれば、

行動は少ないほうが良いので

このやり方は内向型に適しているのです。

考えてから行動することの落とし穴

「考えてから行動すること」

は内向型に適しているし、利点もありますが、

落とし穴もあります。

悩むだけで進まない

「このプロジェクトは本当にうまくいくのかなぁ…」

「自分以外の方が適任だったんじゃないかなぁ…」

「いろいろと調べはしたけど、この情報は合っているのかなぁ…」

などと悩むだけで

一向に前に進まない状態になってしまうことがあります。

 

不安でいっぱいになってしまい、

「考える」ではなく、

「悩んでいる」状態になってしまう…と。

 

 

考えるとは、

「このプロジェクトをいかにうまくいかせるか」

といった前向きな考え方ですが、

 

悩む場合は、

不安にばかり目がいってしまって目的に目を向けられず、

同じ考えばかりをグルグルと考えてしまう状態になってしまいます。

 

その結果、全く進まず、

「これは自分には無理じゃないかな」

なんて放り投げてしまったり、

病んでしまったり。

 

内向型は考えすぎるあまり

不安にとらわれ悩みすぎて前に進まないというのは、

内向型がついついやってしまいがちなことであり、

 

これをしないためにも

「考える前に行動しよう!」

なんて言われています。

 

 

ですが、内向型は

リスクをできるかぎり減らさないと行動しづらいので、

きちんと目的に目を向けて、悩まないようにし、

行動できるようにしていかないとですね。

完璧を求めすぎる

不安に関係してくることですが、

内向型は失敗することを恐れてしまうため

「完璧」を求めすぎます。

 

その結果、

案をずっとブラッシュアップしているだけで、

一向に行動しない、

なんてことになりかねません。

 

「100%うまくいく状態」を作りたがるというのもあるんですが、

行動すること自体を恐れてしまったりもするんですよね。/p>

 

そうなっては、プロジェクトを完遂できるはずもないので、

勇気を持って行動しなければなりません。

 

 

なので、内向型には

「考えたことを行動に移す勇気」

が必要です。

 

行動するといろんな刺激が与えられるから、

刺激に弱い内向型は行動を避けたがるけれども、

それでは行動しなくては何も始まりませんからね。

 

勇気を持って行動しちゃいましょう。

どうやって行動したらいいの?

内向型が行動するためには

以下のようなことを意識しておくと良いかな、

と思っています。

 

  1. ゴールはどこか?今やっていることはゴールに向かっているのか?
  2. 何に対して不安を感じているのか?
  3. どんな知識が必要か?何を調べればいいのか?
  4. 自分以外の人に行動してもらうことは可能か?
  5. 行動しなかった場合、どのようなことが起きてしまうか?

1.ゴールはどこか?今やっていることはゴールに向かっているのか?

このゴールを意識することが

行動するための軸となります。

 

ゴールをどこに設定したのかを意識し、

「今やっていることは本当にゴールに向かっていることなのだろうか?」

と自分に問いかけ続けることで、

同じところをずっと考えているような「悩んだ状態」を避けることができます。

 

なので、ゴールは常に意識しておきたいものとなります。

 

ゴールを意識しておけば、

「手段が目的にすり替わる」

なんてこともなくなりますからね。

2.何に対して不安を感じているのか?

不安に感じていることって

意識しないとわからないことも多いんですよね。

 

不安について言語化したら、

その言い方を変えてみると良いです。

 

「本当にゴールまでたどり着けるだろうか?」

→ 「ゴールにたどり着くためには何をしたら良いだろうか?」

 

「初めてもプロジェクトだから何をしてよいかわからない」

→ 「プロジェクトを動かした人に聞いてみたらどうだろうか?」

 

なんていう風に前向きな言葉に変えて、

その言葉から考えるべきことや

やるべきことを考えていくと良いです。

 

そして、それを実際に実行すると

不安は取り除かれていくはずです。

3.どんな知識が必要か?何を調べればいいのか?

必要な知識や調べ物は

ゴールに必要なものと照らし合わせてみる必要があります。

 

照らし合わせてみてもよくわからない場合は、

経験したことがある人などに聞いて

アドバイスをもらうようにすると良いですね。

 

わからない場合に自己判断で行うと

遠回りしてしまうことが多いので。

 

ただ、

「遠回りしてもいいかな」

という場合は経験にもなるので

自分が考えたもので試してみると良いかと思います。

 

ちなみに僕は人にはあまり聞かず、

よく遠回りしている人です(´▽`;)ゞ

4.自分以外の人に行動してもらうことは可能か?

「自分が行動できないと思ったら、他の人に任せちゃえ!」

という発想です。

 

自分以外に任せられるような内容で、

任せても問題ないのであれば

他の人に任せちゃってもよいかと思います。

 

ただし、行動するとは別の

「管理能力」が必要になるので、

その能力とも要相談ですね。

 

ちなみに僕は人を管理することが苦手なので、

基本的には人に任せないですね(´▽`;)ゞ

5.行動しなかった場合、どのようなことが起きてしまうか?

人に任せられないのであれば、

自分が行動しなければいけないわけですが、

なかなか行動できないわけです。

 

それでも行動するためには

「行動しなかった場合、どのようなことが起きてしまうか?」

を考えてみると良いと思うんですよね。

 

 

内向型は不安に弱いので、

「行動しなかった場合、どのようなことが起きてしまうか?」

を考えると恐ろしくなって行動できたりします。

 

「やりたいことは何か?」

ではなく、

「やリたくないことは何か?」

で行動を促すようなものですね。

 

僕は結構このやり方を好んでやっています。

 

よろしければ、お試しくださいませ(*ノ∀`*)

おまけ:締切を作る

おまけというか、一般的なことではあるんですが、

締切を作って行動しよう!ということです。

 

ただ、僕にはあまり向いていないんですよね、これ。

 

自分自身で作った締切はあまり意識しない、

というのもあるんですが、

「まだ時間ある」

と思ってだらけてしまいがちだし、

ギリギリの時間設定をすると束縛されている感じがして

ぐったりしてしまうので…

 

ただ、締切を作ることで行動できる人も多いようなので、

おまけとして組み込んでおきました。

まとめ

よく

「まずは行動!行動してから考えよう」

なんて外向的なことを推奨されていますが、

 

内向型には

「考えてから行動する」

ということが向いています。

 

悩みすぎたり、

完璧を求めすぎることに気をつければ、

「考えてから行動する」

という慎重なやり方でもゴールにたどり着くことができます。

 

もしかしたら

「考えてから行動する」

よりも早くたどり着けるかもしれません。

 

 

なので、

「行動してから考える」のか

「考えてから行動する」のかは

自分に合った行動をすれば良いと思うのです。

 

僕は基本的には

「考えてから行動する」

ですが、

 

「行動しないと詳細が見えてこないかな?」

と思ったら

「行動してから考える」

にシフトするようなハイブリッド型で行っています。

 

こんなやり方もありかなと(*ノ∀`*)

 

ぜひ、あなたに合った行動をしていただけたらと思います。

 

それでは、ありがとうございました!