ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【思考】目標を人に言うメリットとデメリットについて

f:id:hinatamemo:20190602133141j:plain

ひなた(@hinata_tweet)です。

 

今回は「目標は人に言わないほうがいいよ」というお話になります。

 

一般的には

「目標を掲げて色んな人に言おう」

と言われていますが、それとは逆になります。

 

目標を言うととある落とし穴にはまってしまうんですよね。

 

僕はその落とし穴によくはまってしまうので、この動画の内容はよくわかります。

 

 

…とはいえ、

「目標を話した方が良い」

という場合もあるはずです。

 

それについては、僕自身の考えを書いています。

 

それでは、今回の記事の内容に入っていきます。

 

デレク・シヴァーズ :目標は人に言わずにおこう(3分8秒)

 

目標は言わないほうがいい

なぜ目標を言わない方がいいのか?

 

それは、

「目標を口に出すことは気持ちがいいことだから」

です。

 

なぜ目標を口に出すと気持ちいいのか?

 

その目標がすでに自分のものになったかのように錯覚するからです。

夢"だけ"を語る団体の落とし穴

もう10年近く前になるでしょうか?

 

色んなコミュニティを転々としている時がありました。

 

経営者コミュニティとか朝会とか、自分にプラスになりそうなものに参加していたんです。

 

その中で

「夢を語ろう!」

というコミュニティが結構あったんですよ。

 

そういうコミュニティは夢を話しても、誰も否定しないどころか認めてくれるから、夢を語るうちにどんどん楽しくなってきます。

 

ただ、その語りが終わったら誰も行動に移しません。

 

本当に夢を語る”だけ”のコミュニティでした。

 

 

みんなその夢を成し遂げたいとは思っているはずなんですが、だーれも行動しないんですよね。

 

それもそのはず。

 

夢を語るだけで手段なんて考えていないのだから。

 

根拠もなく、

「その夢は絶対に叶うよ!」

なんて言って終わります。

 

 

楽しいという感情はエネルギーの一種なんですよね。

 

楽しく夢について語っていたらエネルギーを使い果たして、行動に移す力がなくなってしまいます。

 

夢を成し遂げるためなら行動しなければいけないのは当たり前のことなのに、夢を語るだけで満足しちゃっていたんですよね、みんな。

 

しかも、そういう夢を語る頻度が結構多いから、何も行動しない日々。

 

ある意味ものすごいコミュニティだったなぁと思います。

 

 

当時はたくさん見たんですけどね、そういうコミュニティ。

 

最近はあまりコミュニティには参加していないのでよくわかっていませんが、様子を観る限り行動がメインになっていそうなので、

「コミュニティも変わったなぁ」

なんて思ってしまいます(´▽`;)ゞ

 

 

夢・目標を語り、それをただ認めてもらう"だけ"のことには落とし穴があるよ、という例でした。

とある実験

動画内ではこんな実験の話をされています。

163人が4つのテストを受けます。

 

みんな個人目標を紙に書いて、半分の人はみんなに向かってそれをやると宣言します。

 

あとの半分は口外しません。

 

それからみんな45分与えられて自分の目標に近づくための作業をしますが、好きな時にやめてよいと言われます。

 

目標を言わずにいた人たちはみんな45分間全部を使い、後で質問すると目標の実現まではまだ遠いと感じると言います。

 

しかし、目標を口外した人たちは平均で33分過ぎたところでやめてしまい、後で質問されるとゴールにずいぶん近づいた気がすると言うのです。

デレク・シヴァーズ :目標は人に言わずにおこう

なんというか…

「45分与えられたのなら、その時間いっぱいくらい作業しようよ?」

なんて思ってしまうんですけどね。

 

でも、口にしたことによってエネルギーを使いすぎてしまって、行動する気力もなかったんですかね?

 

あまりに顕著すぎる結果で驚いてしまいます(´▽`;)ゞ

 

目標を人に言う恐ろしさですね。

 

 

あと、やっぱり

「目標の実現までまだ遠い」

って感じることって必要ですよね。

 

目標まで遠いからこそ、これからもまだまだ頑張る活力が出てきたりしますから。

 

自分が無知だと知れば知るほど、もっと知識を得たいと思うように。

 

謙虚って素敵。

もし目標を言うとしたら?

もし目標を言うとしたら、満足感を与えないようにこうやって言いましょう、と動画内でデレク・シヴァーズさんは言っています。

「今度のマラソン大会で走りたいから、週5日トレーニングしなきゃいけないんだ。
サボっていたら喝を入れてくれない?」

デレク・シヴァーズ :目標は人に言わずにおこう

「目標を伝え、やりたいことを述べつつ、罰などを作って行動を促すように言おう」

ということです。

 

これであれば目標を話した満足感よりも、行動しなければいけない気持ちの方が強くなりますから。

そもそも目標を語ることで得られる満足度って?

ここからは僕の意見で特に研究結果があるわけでもないですが、経験則的なものを書いていきます。

 

なので、信憑性としては低いのでコラム的なものと思ってください。

 

 

目標を語ることで得られる満足感は「認められた時」のはずです。

 

「今度のマラソン大会で走りたいんだ!」

「あ、そうなの?」

と興味なさげに言われても別に満足感って得られないと思うんですよ。

 

もしかしたら、

「絶対に見返してやる!」

なんて思って頑張れるかもしれません。

 

 

これが

「今度のマラソン大会で走りたいんだ!」

「そうなんだ!?君ならきっとマラソン大会に出れるよ!」

という話の流れに変わっても、満足感ってそこまで高くないのではないかと思うわけです。

 

満足感が上がるとしたら

「今度のマラソン大会で上位を狙いたいんだ!」

「君は頑張り屋だから絶対にできるよ!」

高い目標を掲げ、それを全肯定されたときかな、なんて思うわけです。

 

さっきの夢”だけ”を語るコミュニティが高い目標を根拠もなく全肯定ですから、満足度はものすごく高いですよね。

 

夢”だけ”を語るコミュニティは相当危険だと思っています。

 

もちろん、行動が伴うコミュニティであれば別です。

 

 

ここまで見てみると、相手の反応で満足度が変わってくるので、

「誰に目標を話すか?」

によっても変わってくると思うんですよね。

アドバイスをくれる相手に目標を話すといいんじゃない?

目標を話す相手からアドバイスをもらえることもあるはずです。

 

「今度のマラソン大会で上位を狙いたいんだ!」

「だとしたら、週5日くらいトレーニングするべきだね!」

なんていう風に。

 

この場合も、

「今度のマラソン大会で走りたいから、週5日トレーニングしなきゃいけないんだ。
サボっていたら喝を入れてくれない?」

デレク・シヴァーズ :目標は人に言わずにおこう

と同じような効果が得られるのではないか?なんて思います。

 

目標を言ったら相談という形になった

→ これはもう実際に目標達成するしかない!

みたいな流れになって、必死に頑張るのではないかと。

 

 

なので、アドバイスをくれそうな人に目標を話すのはむしろプラスに働くと思うんですよ。

 

さらに、目標を話すことで思わぬ繋がりを得ることもありますからね。

 

「今度のマラソン大会で上位を狙いたいんだ!」

「だとしたら、この人から教えてもらったらどう?」

なんて思いがけなくコーチを紹介してもらえたり。

 

紹介を得たり、アドバイスをもらうためには目標を話さないといけません。

 

 

だから、相手によっては目標を話すことがメリットになり得ると思うのです。

 

確かに目標を話すことで満足度が上がって楽しくなり、エネルギーを使い果たして行動できなくなることもあります。

 

ですが、相手を選んで目標を話すことで、むしろ行動力が増すこともありえるはずです。

 

なので、

「目標を話す場合は人を選んだり、罰などを作って行動を促す方向に持っていこう!」

という感じになると思うんですよね。

 

逆に行動できなくなりそうな人には目標は話さない方が良いと。

 

つまり、

「目標を話すことで行動が促されるか否か」

で目標を話すかどうか決めちゃえば良いということです。

 

 

ただ、誰に話せばよいかわからない場合なんかは、とりあえず色んな人に話しても良いのではないか?と思っています。

 

というのも、色んな人に話せば失敗と成功が出てくるわけです。

 

たくさん失敗し、成功もしていくことで、

「誰に話すべきか?」

が自然と見えてくるので、それで人を見る目が養え、それが後々大きな糧になるはずでから。

まとめ

目標を言うことで満足度が上がり、行動しないことは実際に起こりえます。

 

ですが、相手の反応によって満足度も変わってくるため、目標を言うことによって行動力が上がることだってありえます。

 

だから、目標を言う相手を選んでみると良いでしょう。

 

というのが、今回の記事の内容になります。

 

 

とは言っても、動画の内容からは外れてしまっているので根拠は薄い内容になっちゃいましたけどね。

 

「目標を言う相手は選ぼう」

なんていう研究結果がどこかにあれば良いのですが…。

 

そういう研究もどこかにありそうですが、そういう研究をすでに知っていましたら教えていただけると嬉しいです。

 

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

 

それでは、ありがとうございました!