ひなメモ!|内向型HSPとの共存

人の心理や考え方など 「人の研究」に力を入れています。 「自ら幸せを掴み取るための行動や思考」を追求しているので、そのために健康や習慣、思考などをメモ書きしています。最近は内向型の人に焦点を当てています。

ひなメモ!

【思考】色んな価値観を受け入れると良いことあるよってお話

f:id:hinatamemo:20190602190438j:plain

ひなた(@hinata_tweet)です。

 

 今回は

「色んな価値観があるけれど、それらを受け入れるだけで良いことがたくさんあるよ」

というお話です。

 

では、ここ最近の流れのとおり、TED動画からです。

 

デレク・シヴァーズ:変?それとも違うだけ?(2分35秒)

 

変?それとも違うだけ?

デレク・シヴァーズさんは動画の中でこんなことを言っています。

自分たちが意識せずに仮定していることや、その逆だって正しいものでありうることに気付かせてくれます

デレク・シヴァーズ:変?それとも違うだけ?

自分が正しいと思っている価値観と違った場合、

「それは変だ!」と捉えるか、

「ただ自分とは違うだけだ」と捉えるか。

 

そのような物事の捉え方について動画では例を用いて説明されています。

日本とアメリカの住所の違い

日本だと住所は区画で示されていますが、アメリカでは道路名で示されます。

 

だから、住所を尋ねる際におかしなことになってしまいます。

 

日本人がアメリカに行った時、区画の名前を尋ねますが、アメリカには区画には名前がないので道路名を言います。

 

そこで日本人は混乱してしまいます。

 

逆に、アメリカ人が日本で住所を尋ねる際は道路名を聞きますが、日本には道路名があること自体が稀なので、区画名を答えます。

 

そこでアメリカ人は混乱してしまいます。

 

 

ただ、これは文化の違いなのでどちらかが間違っているということもありません。

 

どちらも正解なのです。

価値観の違い

価値観の違いというのは色んなところで起きています。

 

肉じゃがは豚なのか牛なのか。

 

きのこ派とたけのこ派がいる「きのこたけのこ戦争」

 

住まいにお金を使うのか、食事にお金を使うのか、自己投資にお金を使うのか。

 

色んな価値観の違いがあるわけです。

 

 

そうやって異なった価値観に触れた時、

「それは変だ!」と思ってしまったら何も得るものがありません。

 

むしろ異なった価値観の人を排除していく生き方となり、視野がとても狭くなってしまいます。

 

「ただ自分とは違うだけだ」と捉え、その価値観を自分の中に取り入れることができたら視野は広がります。

 

 

「肉じゃがは牛肉だ!豚肉なんてありえない!」

となったら、それ以上視野が広がることはありません。

 

ですが、

「肉じゃがは牛肉以外に豚肉もあるのか!?

だとしたら、鶏肉とか羊肉とかでも食べてみたくなるなぁ…。

あ、畑の肉と言われている大豆を代わりに入れても面白いのでは?」

なんて視野を広げることができます。

 

こういう発想が新しいアイデアを生み出してくれるはずです。

 

 

調べてみたら鶏肉、羊肉、大豆で作られた肉じゃがもあるんですね(´▽`;)ゞ

 

大豆で作られた肉じゃが…

 

考えてはみたものの実際味はどうなんだろう?

 

少し気になります。

何であれ正しいことの逆はまた正しい

動画の中で、

「何であれ正しいことの逆はまた正しい」

という言葉がインドにはあると言っていました。

 

それはさすがに言いすぎじゃないの!?なんて思ってしまいますが、とりあえず逆のことを考えてみるのも面白そうです。


「逆のことを考えてみたら、意外と面白いアイデアが生まれた」

なんてこともあるでしょうからね。

 

 

それこそ、AKB48なんかはアイドルの概念とは真逆のものでしたから。

 

今は常識となっていることでも、時間が経った後はそれが常識と言えるのかどうかはわかりません。

 

もしかしたら、正しいことと逆のことを考えていくことで、あなた自身が常識を打ち破る人になるかもしれません。

 

そう考えると、

「正しいと言われていることを疑ってみよう」

という発想をすることに喜びを覚えるようになるかと思います。

 

これって結局クリティカルシンキングだなぁ、なんて思ってしまいますね(´▽`;)ゞ

クリティカルシンキングはいろんなことに使えて好きです。

まとめ

価値観の違いを「それは変だ!」と受け取るのではなく、受け入れることで視野が広がり、今まで見えてこなかった発想が出てきたりします。

 

正しいと言われていることとは別のことを考えることで、面白いアイデアが出てきたりしますから。

 

また、価値観を受け入れるということは、自分とは異なる考えを持つ人とも良好な関係を築けるということです。

 

自分の価値観を受け入れてくれない人とは関係を築きづらいですが、自分の価値観を受け入れてくれる人とは喜んで付き合いたいものですからね。

 

 

価値観を受け入れるということは視野を広げるだけでなく、人間関係まで良好にしてくれる素晴らしいものです。

 

 

仮に相手の価値観を聞き、「…ん?」と思ったとしても、

「この人がこのような価値観を持つようになった背景はなんだろうか?」

と考えてみると、その価値観も受け入れやすくなります。

 

前に

「トイレの個室に入ったら鶴を折らないとトイレから出られない」

なんてこと考えていた人がいるという書籍を読んだことがあります。

 

これだけ聞くと、

「どういうこと?」

って感じなんですが、話によると親から

「鶴を折ってからでないとトイレから出てはいけない」

と教えられていたようです。

 

それは親なりの冗談だったのかはわかりませんが、トイレの個室の中で何をしているのかなんてわからないじゃないですか?

 

そんなブラックボックスな場所だから、そういう価値観が生まれたんだろうなぁと。

 

その後どうなったのかはわかりませんが、もしかしたら今では

「トイレの中で鶴を折ることが安らぎ」

になっているかもしれません。

 

その価値観が正しいかどうかはその人次第なんですよね。

 

「トイレの中で鶴を折ることでやすらぎを得られる」

という研究を行ったら、もしかしたら良い結果が出るかもしれませんし、鶴ではなくて別の作る・使うなんて発想が出てくるかもしれません。

 

そうやって考えると、意外と良いアイデアが浮かんでくる、なんてことも。

 

 

だから、色んな人の価値観を受け入れる努力をして人間関係を広げつつ、視野を広げていくと良いことがきっと良い未来が待っているだろうな~、なんて思っています。

 

色んな人の価値観を知ること自体が楽しくなってきたりしますからね(*ノ∀`*)

 

それでは、ありがとうございました!